フィンペシアでお得にAGA治療すべし

AGA(薄毛・抜け毛・男性型脱毛症)を治療するなら、プロペシアと同じ効果のフィンペシアがおすすめです。フィンペシアはジェネリック医薬品ですので安価に購入できます。

発毛を促進して抜け毛を予防するツボ

頭のツボを押さえる男性

ツボは昔から体の不調を改善するとされており、発毛を促進して抜け毛を予防する場所もあります。
その多くが頭皮にあり、頭頂部には百会というツボがあります。
血行を促進するので、発毛に効果があります。
百会を押すことで、健康的な頭皮はチェックできます。
中指の腹で強く刺激して気持ちいいと感じる場合は、良好な頭皮の状態を保っています。
しかし、痛みを感じたらドロドロの血液が頭皮で滞っており、発毛を妨げています。
髪の毛が薄い人の多くが、頭皮に弾力がありません。
抜け毛を予防するこのツボの効果的な押し方は、まず両手の親指をこめかみに当て、中指か人差し指で百会を刺激します。
最初は優しく押して徐々に強くします。
こめかみから目尻に近い場所に太陽と呼ばれるツボがあるので、引き上げるように数回押します。
同時に刺激することで、効率良く抜け毛予防ができます。
また角孫は、耳の上側の髪の生え際にあります。
頭皮の血行が良くなります。
また頭頂部の薄毛が気になる場合は、玉枕が適しています。
玉枕は、後頭部の隆起している部分で、真ん中から指2本分外側にあります。
また頭皮から離れた部分にも、発毛を促進するツボがあります。
特にスネは、東洋医学において髪に影響を与えるとされ、発毛と深く関わりを持っています。
陽輔は外くるぶしから指5本分くらい上にあります。
スネ全体から見れば、下の方に位置しています。
陽輔は側頭部の発毛を促進します。
次にふ陽は、ふくらはぎにあります。
外くるぶしから指4本上でアキレス腱の横にあります。
頭頂部の薄毛予防に有効です。
また両足の裏にもツボがあります。
湧泉と呼ばれ、発毛效果があります。
足の指を曲げて凹みができる場所を探します。